親の面倒を見ない兄弟

毒親からの相続放棄と絶縁

親の面倒を見ない兄弟,熟年離婚 親の面倒,親の面倒 誰が見る,

毒親の相続問題で、
親戚とは絶縁し、相続も放棄しました

 

 

私の母は、
私が20歳の時に亡くなりました。

 

 

母の実母は、母が3歳の時に他界し、
その後すぐ再婚した父の後妻さんに
育てられたそうです。

 

 

母には異母兄弟が4人いますが、
母は後妻さんにはとても冷たくあしらわれ、
いつも4人の兄弟の世話をしていたそうです。

 

 

それは、幼い母にとっては、
とても辛いものだったのでしょう。

 

 

父と結婚した時には、
二度と実家には帰りたくないと話したそうです。

 

 

母の親戚からの連絡

 

 

なので、
私たち兄弟は、母のお葬式まで、
母方の親戚には一度も会ったことがありませんでした。

 

 

そして、
母のお葬式の慌ただしさから
やっと落ち着こうとした1週間後のことです。

 

 

母の親戚たちが、
財産のことで話があるとやってきたのです。

 

 

聞くところによると、
母の実家は資産家だったそうです。

 

 

それで、
祖父が亡くなった時に財産で
もめることのないように・・・

 

(当時、祖父はまだ生きていました)

 

 

今のうちに財産の相続権を放棄してくれ
と言うことでした。

 

 

本当に、呆れてものが言えませんでした。

 

 

母が死んで、まだ1週間しか経ってないのに。

 

おじいちゃんは、まだ生きているのに。

 

 

母を育てた毒親・・・

 

 

でも、それは話の流れから言うと、
後妻さんの入れ知恵のようでした。

 

 

可愛そうに、そんな後妻さんに育てられ、
苦しめられた母を思うと、本当に母が
可愛そうでなりませんでした。

 

 

でも、これって今でいうところのネグレクト、
虐待だと感じました。

 

 

こういう人のことを毒親と言うのだと、
本当に身を持って感じました。

 

 

そして財産に関してなのですが、
二度と私の家に来ない、
絶縁することを条件に、
相続権を放棄しました。

 

 

それから数日のうちに、
財産を放棄するとゆう書面が速達で届き、
すぐにサインしてくれと連絡があったのには
笑ってしまいましたが。

 

 

しかも、返送用の封筒には、
切手も貼られていませんでした。

 

 

仕方なく、切手のお金まで出しましたよ。

 

 

本当に、どこまでお金にきたないのかと
呆れ果てましたが。

 

 

本当に、二度と関わり合いたくない、
思い出したくもない出来事でした。