親の面倒を見ない兄弟

毒親のタイプ別の特徴・対処法とは?

親の面倒を見ない兄弟,毒親 タイプ チェック,親の面倒 誰が見る,

 

 

ひと口に毒親と言っても、
その特徴はさまざま。

 

もちろんタイプによって、
対処法と接し方は違います。

 

細分化すると無数にありますが、
今回は「支配、コントロール型」
「過干渉型」「ネグレクト型」の
3タイプの毒親について紹介します。

 

 

毒親タイプ@特徴【支配、コントロール型】

 

その名の通り、子どもを上から抑えつけ、
自分の思い通りにコントロールしよう
とする親です。

 

子どもが反発してくることが許せず、
身体的、精神的な暴力を加えて、
子どもが素直な感情を向けてくることを阻止します。

 

幼い子どもにとって、
このようなタイプの毒親は恐怖の
対象でしかありません。

 

親の機嫌を損ねないよう、
自分に危害が及ばないような振舞いを
最優先し、大人になってもビクビクした
ような性格になる人が多いです。

 

毒親タイプ@への対処法

 

対処法としては、
このような親と分かり合うことを諦めること。

 

つらい話ですが、
相手が聞く耳を持つようになることは
ほぼありません。

 

毒親のこういったふるまいは、
毒親自身の弱い心を守るためでもあるのです。

 

人間を含め生き物は、
良いものを得ようとするよりも、
危険や痛みから回避する本能の方が
強いといわれています。

 

毒親が自らの非や過ちを認め、
子どもと真剣に向き合う事は、
毒親にとっては恐怖意外の何物でもありません。

 

まずは距離をおき、
このような毒親によって傷ついた自分を癒し、
前を向いて歩き出すことが、幸せの第一歩と言えるでしょう。

 

毒親タイプA特徴【過干渉型】

 

常に子供のすることに先回りして、
あれこれと世話を焼くタイプ。

 

「あなたのため」と言うのが口癖なので、
子どもは納得いかないまま親の言うとおりに
するものの、実は子どものためにはなっていません。

 

このような毒親の振舞いは、
子どもから自発性を削ぎ、
失敗から学ぶという機会を奪い、
子どもの自立を妨げます。

 

そのため、
自分で決めて行動することが
非常に苦手な大人に成長するケースが多いです。

 

社会人になっても、
「お母さんに聞かないと分からない」と
答える若者が増えているとも聞きます。

 

何もかもを人任せにして、
自分は常に支持を待つ姿勢は、
少しずつ崩していかなければなりませんね。

 

毒親タイプAへの対処法

 

対処法としては、
「間違っていようがどのような
結果になろうが、自分で決めて責任を取る」
という行動を、日常に取り入れていくことです。

 

親と自分は、独立した別の人間です。
自分の人生の決定権は自分にある。
そのことに、早く気が付きましょう。

 

親の面倒を見ない兄弟,毒親 タイプ チェック,親の面倒 誰が見る,

毒親タイプB特徴【ネグレクト型】

 

いわゆる放任主義の毒親。

 

育児をそっちのけで、
自分の趣味のために出かけたりします。

 

子どもの衣食住にすら無頓着で、
子どもの服装などを見て周りの大人が不審に感じ、
通報するケースが多いです。

 

・汚れた衣服
・サイズが合っていない
・季節にそぐわない服装
(真夏にトレーナー。真冬に半そでなど)

 

風呂に入ってない、
何日も歯磨きをしていないなどで、
子どもが悪臭を放っている場合などは要注意ですね。

 

このように育てられた子どもは、
見捨てられ不安が強くなったり、
周りの気を引くために必要以上に頑張る。

 

あるいは、
非行や犯罪などで自分に注目を
集めようとする場合があります。

 

毒親タイプBへの対処法

 

対処法としては、自己肯定感を上げること。

 

頑張れない時でも、
自分そのものの価値が下がったわけじゃない。

 

人に尽くさなくても、
誰かの気を引かなくても、
自分は愛されていい存在。

 

そのことが腑に落ちた時、
本当の意味で自立して、
人生の再出発となるでしょう。

 

 

毒親からの解放

 

毒親の呪いから解放されるには、
これまで苦しんできただけの
つらさや時間がかかります。

 

親と向き合うためには、
しっかり自分を整えることが最優先。

 

年老いた毒親は、
ただのみじめな老人で
もはや何ら怖くありません。

 

ですので、
まずは自分の中で泣いている
子どものあなた自身を、
まずはあなた自身がしっかり
抱きしめてあげてください。