親の面倒を見ない兄弟

親の面倒を見ない兄弟@

親の面倒を見ない兄弟,熟年離婚 親の面倒,親の面倒 誰が見る,

 

いつかは親の介護をする時が
来ると思っていたけれど・・・

 

 

こんなにも親の介護で、
兄弟間で揉めるなんて想像して
いませんでした。

 

 

父親は定年直後に
突然の心筋梗塞の発作で亡くなりました。

 

 

私たち兄弟3人とも
大学入学と同時に実家を出たので
それ以来、実家で母が一人暮らしを
していました。

 

 

母はとても元気な人だったので、
一人暮らしでもあまり心配して
いませんでした。

 

 

 

ですが一昨年、
突然実家近くの病院から・・・

 

 

「ご自宅で倒れている所を
近所の方が発見して救急搬送された」

 

 

と連絡が入りました。

 

 

 

ビックリして病院へ駆けつけると
意識の無い母が横たわっていました。

 

 

 

父も突然の心筋梗塞で
亡くなってしまったので・・・

 

 

 

母までもそのまま亡くなって
しまうのではと、気が動転しました。

 

 

ですが、
幸いにも母は転倒して頭を打って
脳震盪を起こしただけで、
しばらくして意識を取り戻しました。

 

 

 

意識を取り戻した後、
検査の為にしばらく入院する事が
決定しました。

 

 

「ご高齢ですから、
何か異常が出ていても
おかしくないです。」

 

 

医師の言葉で、
初めて母の老いを意識しました。

 

 

母はもう90歳近い高齢に
なっていました。

 

 

 

母親の老いを実感・・・

 

 

検査の結果、
母の脳に脳梗塞の痕が見つかり
その影響で卒倒してしまったのでは?
という事でした。

 

 

母にも話を聞くと、
めまいや立ち眩み・倒れてしまう事が
何度かあったそうです。

 

 

ですが、
それを子ども達に言うと
心配するからと何も言わなかった
ようでした。

 

 

高齢なので手術は難しく
投薬治療で悪化を抑えて
退院を目指そうという事に
なったのですが・・・

 

 

治療の為に服用し始めた薬が
合わないようで体調不良が
続くようになりました。

 

 

予定していた入院期間よりも
ずっと長く入院する事に
なってしまいました。

 

 

入院が長期になるにつれて
母の元気が無くなってゆき、
ベッドの上で寝て過ごす日が
多くなりました。

 

 

 

このまま寝たきり状態に
なってしまったら・・・

 

 

急に不安になって
お医者さんに今後について
詳しく聞いてみました。

 

 

そうしたら
「元の生活ができるまでの
回復するのは難しいでしょう」
と言われてしまいました。

 

 

母はもともと一人暮らしなので、
元通りに生活できないという事は・・・

 

 

それまでの生活を
すべて変えなければならない
という事になってしまいます。

 

 

「親の面倒を見ない兄弟A」へ
続きます・・・