親の面倒を見ない兄弟

毒親は自覚がない場合がほとんど?

親の面倒を見ない兄弟,熟年離婚 親の面倒,親の面倒 誰が見る,

 

自分の親が毒親では?
と思ったことはありますか?

 

 

子供の行動をすべて把握
していないと気がすまない。

 

 

子供がどんな子と付き合っているか、
なんという子なのか細かく知りたい。

 

 

子供が自分の思っている事と
違う行動をすることが許せない。

 

 

子供が異性と交際する事が
受け入れられない。

 

 

このように、
子供の成長のあかしである
自分の意思で動こうとする事を
極端に嫌う親の多くは毒親です。

 

 

 

「私の親、過保護なんだよねぇ」
と笑い飛ばせるレベルならば・・・

 

 

親も子供も自覚がないまま
上手くいっている少ない例です。

 

 

過保護・過干渉な毒親であっても
理解のある祖父母などの存在や
子どもが毒親と性格的に相性が
良かったり賢く立ち回れる場合は・・・

 

 

たとえ毒親であっても
問題無く成長することも
ごく稀にあります。

 

 

ですが、
多くの毒親に育てられた子供は
毒親の言動に苦しめられ人生を
搾取されてしまう場合がほとんどです。

 

 

もし、
ご自身に生きずらさや
親との関係に息苦しさを
感じているならば・・・

 

 

 

自分の親が毒親なのかどうか
一度振り返って考えてみる事を
おすすめします!

 

 

毒親は毒親の自覚がない

 

 

そして、
毒親には自分自身が毒親である
自覚が無い事がほとんどです。

 

 

ですので、
子ども側が毒親かどうかを
考えて判断するしかないんです。

 

 

ではどこからが
毒親のラインでしょうか?

 

 

それは単純に、
子供が親の言動で何度も嫌な
思いをした経験がある。

 

 

そこがボーダーラインです。

 

 

いくら親自身が
「子どものためを思っていた」

 

「傷付けている自覚が無かった」

 

と言い張っていたとしても、
子どもを何度も傷つけていたなら
それは毒親です。

 

 

例えば毒親は・・・

 

 

子供同士で遊ぶ約束を
したとします。

 

 

あなたは、
Aちゃんと遊んでくるね!と
告げて外へ飛び出します。

 

 

そのままいつもより
少しだけ帰りが遅かったとしたら。

 

 

一般的な親は、
帰りが遅いことに対して口頭で
あなたをしかるでしょう。

 

 

ですが毒親は、
叱るだけではなく夕食を抜いたり
家の鍵を閉めて家から閉め出したり
時には暴力をふるうでしょう。

 

 

また逆に過保護な毒親であれば
帰りの時間を守れなかったのは、
遊び相手の子供のせいだ!!と
Aちゃんの家に連絡をしてしまったり・・・

 

 

Aちゃんの親は、
もうあの子と遊ぶのはやめなさいね、
なってしまい子ども同士のコミュニティから
孤立してしまいます。

 

 

このように、
あなたの心や体・自尊心を傷つけたり
友達を失うきっかけを作ったりするなら、
やはりあなたの親は毒親です。

 

 

特に、
過保護・過干渉な毒親は
毒親自身もこどもも自覚が無く・・・

 

 

周囲からも、
こどもを第一に考える優しい親に
見えるかも知れませんが・・・

 

 

このようなことがあなたの知らない所で
何度も起きていたら、あなたは子供同士の
コミュニティーからのけ者にされてしまう
可能性もあります。

 

 

また子供同士で片付けれることも
親が口を出すことで・・・

 

 

ますますこじれるのです。

 

 

もちろん親には、
自分が毒親という自覚なんて無いでしょう。

 

 

親には、
子供同士の仲を壊している
自覚はありません。

 

 

むしろ、
周りの子供とあまり関わりを持たなくなった
事に対して、嬉しく思うかもしれません。

 

 

このように、
子どもの人間関係を壊し
自立を阻害するのは立派な
虐待のひとつです。