親の面倒を見ない兄弟

毒親に恋愛を禁止された

親の面倒を見ない兄弟,熟年離婚 親の面倒,親の面倒 誰が見る,

 

 

毒親とひとことで言っても
様々なタイプがいます。

 

 

そしてそんな毒親に育てられる
弊害も多種多様…。

 

 

その中でも、
毒親と毒親に育てられた子どもが
成長し思春期を迎える頃に
問題となるのが恋愛に関するものです。

 

 

毒親と聞くと
幼児期の虐待やネグレクトなどの
イメージが強く・・・

 

 

恋愛問題といわれても
ピンとこない方も多いのでは
ないでしょうか?

 

 

ですが、
実は思春期頃から成人以降も
子どもを苦しめる毒親の害悪は
恋愛関係に関するものも
多いんです。

 

 

毒親に育てられると恋愛ができない?

 

 

@異常ななまでの過保護や無関心

 

 

毒親の特徴として、
子どもに対して異常なまでの過保護や
逆に徹底した無関心という側面を
見せるという点が挙げられます。

 

 

こういったいちばん身近な親からの
異常な対応をされたこども達は
正常な対人関係を築く方法を
学ぶ機会が与えられず・・・

 

 

友人関係や恋愛関係を
きちんと構築する事ができない
場合も多いんです。

 

 

そして、
ネグレクトよりも害悪が強いと
されるのが過保護・過干渉と
言われています。

 

 

え?
ネグレクトよりも過干渉の方が
悪影響なの?

 

 

そんな風に意外に思うかもしれませんが・・・

 

 

毒親の過保護・過干渉

 

 

毒親の過保護・過干渉は
単純に子どもが心配である、
ということよりも・・・

 

 

子どもを自分の目が届く範囲に
置いておき管理したいという
思いから生じます。

 

 

自分の思い通りにいかないことを
受け入れられない、とも言えますね。

 

 

そんな毒親に育てられた子どもは、
厳しい門限は当たり前、
交友関係や恋愛関係などに
関しても過剰なまでの口出しを
されます。

 

 

こういった過干渉の毒親からは
親しくなればなるほど過剰に干渉し
相手のプライバシーを無視して
踏み込むという人間関係を
学んでいますから・・・

 

 

恋愛関係になった際には
ストーカー等の行為に走り
やすくなります。

 

 

 

恋愛=汚らわしいもの?

 

 

また、
毒親は子ども達が自由に
恋愛できる大人になる事を
嫌がる場合が多いので・・・

 

 

自分が管理できる子どものままに
しておくために「恋愛は汚らわしい」と
刷り込みを行う場合が多いです。

 

 

「親は自分が恋愛する事を
良いと思っていない」

 

 

毒親に育てられた子どもなら、
誰もが感じた事のある感覚では
ないでしょうか?

 

 

中学生・高校生の頃は
「心配性だなあ」と思えるこの言葉も・・・

 

 

 

20代・30代の子どもに対しても
同じような対応をする両親に
だんだんとおかしいな・・・と首を
かしげることが増えてくることでしょう。

 

 

毒親にとっては、
自分の所有物であるこどもが
恋愛や男女交際に夢中になって
自分のことをおざなりにする事が
耐えられないのです。

 

 

 

ですので、
恋愛自体もどこか汚いもので
あるかのように扱われます。

 

 

特に毒親と自分が同性の場合に
その傾向は顕著です。

 

 

それは親である自分と、
その子どもを同一視して
親子関係という上下のある立場から・・・

 

 

親とひとりの同性という
対等な関係に変化することが
きっかけであると考えられます。

 

 

毒親からすれば
自分の子どもは自分の所有物が
意志を持って自分に反抗的な態度で
離れていってしまう。

 

 

さらに、同性としても
自分以上に幸せになる事も
許さず不愉快になる事も
多いんです。

 

 

ですが、
実際的に言えば子どもが努力しても
毒親というものは変わらない事が
ほとんどです。

 

 

それは子どもにとって、
一生付きまとう弊害とも言えます。

 

 

厳しい言い方かもしれませんが、
親が変わることを待ち続けて
現状維持をするよりも・・・

 

 

自分が勇気を出して親離れして
環境を変える必要があります。

 

 

もちろん壁も立ちはだかってくるでしょうが、
まずは自分が動いていくことが大切かも
しれませんね。

 

 

一番のおすすめの方法は
仕事や引っ越しなどを理由に
フェードアウトする方法です。

 

 

ケンカや絶縁等をしても、
毒親は何度でも意地になって
子どもを思い通りに支配しようと
コンタクトを取ってきます。

 

 

ですので、
逆に「気にかけていますよ」
という意思表示だけは欠かさず
物理的に距離をおく事がいちばん
賢い方法です。

 

 

あなたの人生は
あなただけのものです。

 

 

親に人生を台無しにされないで
自分の人生を生きて下さい。