親の面倒を見ない兄弟

姑の介護に小姑が口出し・・・@

親の面倒を見ない兄弟,熟年離婚 親の面倒,親の面倒 誰が見る,

 

 

結婚当初から夫の両親と、
同居していました。

 

 

結婚先の婚家には小姑が2人いました。

 

 

ですが、私達が結婚した時には
既に2人とも結婚して家をでていました。

 

 

義姉夫婦は市内にいて、
義妹夫婦は少し離れた地方に
住んでいます。

 

 

姑は結婚以前から
くも膜下出血の後遺症で、
脚が悪かったのですが・・・

 

 

自分の事はほとんど出来ていましたし、
出来ないことは舅が手伝っていて、
ドライブに2人で出掛けたり・・・

 

 

病院や用事はなども
私達が手伝うことはありませんでした。

 

 

ですが、その後2度目の
くも膜下出血で姑が倒れてから、
少しずつ介護が必要になって来ました。

 

 

舅が元気な時は介護をしてくれていたので、
良かったのですが・・・

 

 

舅も四年前くらいから体調を崩し、
車の運転もやめたので、私が2人の
病院に付き添わなければならなくなりました。

 

 

舅は自分で歩けたので、
私1人で連れて行けたのですが、
姑は外で歩くのは難しかったので、
病院では車椅子に乗せなくてはならないし・・・

 

 

駐車場も遠かったため1人では
どうしても無理になってしまい、
市内に住む義姉に車で送り迎えして
貰うことになりました。

 

 

2人の小姑もそれぞれ義母と
同居しているので、同居の大変さも
わかってくれているのは心強かったです。

 

 

私も特に問題なく義両親の世話も
していたので、いつも感謝の言葉を
かけてくれました。

 

 

 

また、
ちょこちょこ手伝えることは手伝って
くれていたので、とてもありがたかったです。

 

 

介護中に舅も倒れてしまった

 

 

ですが3年前に、
舅が突然血を吐いて倒れ、
救急車で市内の病院に運ばれてました。

 

 

ここでは手術出来ないと言われ、
地方の病院で手術を受け、
一命は取り留めました。

 

 

その時も義姉が付いていてくれて、
後から義妹も来てくれました。

 

義妹が病院の近くに住んでいたので、
すごく助かりました。

 

 

お医者さんからは、
手術は成功したけれど1年持ちませんと
はっきりと言われました。

 

 

 

ですが、
身体も少しずつ回復して来て、
リハビリ病院に転院する事になりました。

 

 

「姑の介護に小姑が口出し…A」へ
つづきます。