親の面倒を見ない兄弟

義両親と疎遠の孫

親の面倒を見ない兄弟,熟年離婚 親の面倒,親の面倒 誰が見る,

 

 

義理の両親にとって、
長男の子供であるうちの子どもたちは
孫にあたりますが・・・

 

 

お世辞にも可愛がられているとは
いえません。

 

 

初孫ですが、
義両親とはむしろ疎遠です。

 

 

よそのお宅でも、
孫の可愛さには順番がつくのでしょうか?

 

 

確かに我が子でも、
下の子は可愛いと私も思いますが、
それは単純に「小さい」というだけで、
我が子に優劣は付けられません。

 

 

義両親の
次男夫婦と長女夫婦は、
実家の近くに暮らしています。

 

 

長女夫婦は車で30分位の距離です。

 

 

次男夫婦は、
それこそスープのさめない距離です。

 

次男の嫁は実家が遠方のため、
保育園のお迎えを頼むこともあったようで、
義弟が転職した際も、だいぶ長く
経済的な援助もしてきたようです。

 

 

次男の嫁と姑はうまくやってるようでした。

 

 

つまり、
とてもかわいがられていました。

 

 

その一方で、
私の夫は長男とはいえ転勤が多く、
子供たちが生まれた頃から海外で
生活していました。

 

 

帰国しても、
どこかおぼつかない日本語の孫たちは
奇妙に思えたのか・・・

 

 

バイリンガルの嫁である私が
日本語の勉強をさせないと誤解され
私へのあてつけか子供達を可愛がって
くれませんでした。

 

 

ですが、
現地校に通わせたいというは
夫の意向でしたし私自身は日本語を
覚えさせようと必死でした。

 

 

子供達は日本語の語彙が少ないため、
会話に多少不自由はしても、
聞く耳は100%日本人と同等でした。

 

 

その子供たちから、
夏休みに義実家へ里帰りした時
「おばあちゃんは私達の悪口を言ってる」と
聞いた時は驚きました。

 

 

孫同士の遊びの中に入り、
分からないと思っていつも子供達を
さげすむような言い方をするらしいのです。

 

 

一番のお気に入りは、
次男夫婦の子供達でした。

 

 

その次が長女夫婦です。

 

 

(疎遠なのだから仕方ない)と
最初は諦めていた私ですが、
子供達に優劣をつける話を聞いて、
ますます疎遠になっていきました。

 

 

(嫁姑問題に苦労しないことで良しにしよう。
次男夫婦を跡取りにしたい様子だし)

 

 

と深く考えないようにしました。

 

 

家族での海外生活もようやく終わりになり、
帰国できることになりました。

 

 

子供達も中学生になっていたので、
日本の教育を受けさせるには
良い機会と安心しました。

 

 

ところが次男から私に、
驚くような連絡があったのです。

 

 

疎遠な義両親との同居?

 

 

「帰国したら義両親と暮らしてほしい。
長男の嫁の務めを果たしてほしい。

 

うちの妻はずっと義両親に尽くしてきたので、
当てにしないでほしい」という内容でした。

 

夫の帰宅後、
昼の次男からの電話の内容を相談したら、
夫には義父から連絡が行っていたようでした。

 

 

つまり、
次男の嫁と姑がずっと仲たがいをしていたのです。

 

 

それも姑が骨折などが続いて、
介護が必要になりすっかり家事ひとつ
できなくなったことが原因です。

 

 

もちろん、まだまだ元気な舅のおかげで
生活に不便はないようですが・・・

 

 

 

これだけの長い期間を別居して、
孫を孫とも思ってくれず次男の嫁ばかり
可愛がってきた姑です。

 

 

 

感情的にも好きに離れない
義両親の介護を押し付けられ・・・

 

 

途方にくれました。
日本に帰るのがとても怖いです。

 

 

幸い夫は姑を介護施設に入れるくらいの
収入はありますので、老人ホームに
入ってもらおうと考えています。