親の面倒を見ない兄弟

母が毒親かもしれない・・・

親の面倒を見ない兄弟,熟年離婚 親の面倒,親の面倒 誰が見る,

 

 

私は長女です。

 

 

妹が1人います。彼女は早々に、
大学時代の同級生と結婚しました。

 

 

現愛は海外に住んでいます。

 

 

私は大学の卒業後に家業を継ぐために、
実家に戻りました。

 

 

父は地元の名士と呼ばれ、
母はPTA活動も熱心でした。

 

 

私は小さい頃から、
ピアノやお習字だの習い事も多く、
門限も厳しく躾けられていました。

 

 

自分自身で言うのもなんですが
成績も良かったですし・・・

 

派手好きで自由な妹とちがって
家業を継ぐのがと思いながら
生活してきました。

 

 

跡取り娘として育てられた

 

 

思えばいつも母の顔色をうかがって、
いい子でいるように過ごしてきたように思います。

 

 

小さい頃から、
「あなたは跡取り娘なんだからね」と
言われて育ちました。

 

 

「家の顔をつぶさないように」

 

「お父さんのいうことを聞くように」

 

「恥ずかしい噂をたてられないように」と、

 

守ることがたくさんありました。

 

 

高校を卒業後は、
遠方の大学で寮生活をしていましたが、
その頃から・・・

 

 

「良いお婿さんを貰わなければならない」
とせっつかれるようになりましたが、

 

私は男女交際の経験はありませんでしたし、
そもそも避けて通ってきたので困りました。

 

 

30歳半ばにして、
ようやくお見合いで縁が出来て、
結婚に至りました。

 

 

子供は一度流産しましたが、
それ以降は出来ませんでした。

 

 

夫は休みのたびに、
ひとりで出かけることが多くなりました。

 

 

毒親の認知症と介護

 

 

そのうちに父が若年性の認知症になり、
母と2人で介護を頑張りましたが、
持病もあったため、あっという間に亡くなりました。

 

 

その疲れがたたったのか、
母は脳梗塞にかかり、
現在は車いす生活です。

 

 

週5でパートをしながら
母の介護に実家に通う日々です。

 

 

夫とは、
夫婦生活もすでにありません。

 

 

ですが母と顔を合わすたびに
「跡取りはまだ?」とうるさく
聞かれます。

 

 

それで、
夫に土下座で子作りをおねがい
したところ・・・

 

 

「とうに40歳過ぎてるのに、
母が母がっておかしいだろ?」とか、

 

「おまえの母親は、お前にとって毒だな。
毒親だと思わないか」と・・・

 

 

そういわれて、
はじめて自分の母が毒親かも?

 

 

そんな風に思いました。

 

 

そして、
夫は親離れできない私の
精神的な未熟さに嫌気がさし
夫婦生活も冷め切ったものに
なってしまったようです。

 

 

もう私はどうしたらいいのか
わかりません。

 

 

夫とも随分前に喧嘩したのが、
まともに話した最後かも知れません。

 

 

でも介護で毎日が忙しさで続き、
そんなことはどうでもいいような気もしています。

 

それに、
母はもう相談相手になりませんので、
これからどうしていいのか、
私には分かりません。

 

 

母の為に生きてきた私は
母にはもう認識すらされない存在です。

 

 

私の人生はなんだったのだろう?

 

 

そんな虚無感に襲われて
うつ病を発症してしまいました。

 

 

ですがそんな時に、
意外な事に熱心に介護をしてくれたのが
夫でした。

 

 

母は今は介護施設に入って
それなりに幸せそうに暮らしています。

 

 

実の母であっても、
私と母は違う人間だともっと早く
気が付くべきだったと思います。