親の面倒を見ない兄弟

義両親が嫌いな理由・・・

親の面倒を見ない兄弟,熟年離婚 親の面倒,親の面倒 誰が見る,

 

 

結婚して最初の頃は
義両親に気に入ってもらおうと、
色々気を遣っていました。

 

 

しかし結局、
何をやっても私のことは
気に入らないのでしょう。

 

 

仲良く見せつつ、
常に馬鹿にしているのが
分かるのです。

 

 

義父はお金がなかったがために
大学へ行けなかったけど・・・

 

 

推薦で軽く大学に入れるくらい
頭が良かったし走るのも速かった
というのが自慢の人。

 

 

義母は全体的に大柄なのですが、
胸が大きいことが自慢らしく
何かにつけて・・・

 

 

「私は胸が大きいから、
そういう服は入らないのよ。
羨ましいわ」
と勝ち誇ったように言ってくる人です。

 

 

義父の学歴コンプレックスは
本当に酷く、高卒の主人と私は
出来損ない扱いなのが
手に取るようにわかるほどです。

 

 

義母も表面的なことしか見えない人で、
大切な友達なんて一人もいない
のだろうなというのが見てて分かります。

 

 

自己中心的な義両親

 

二人とも人を大事にせず、
表面的なことだけで人を判断するのか、
外食をすると店員にとても偉そうに
するのが本当に嫌で仕方なかったです。

 

 

義両親と私たち夫婦で
外食をしていた時に、
主人がスプーンを
落としてしまいました。

 

 

店員を呼ばないと、
替えの物がなくベルもないお店で、
忙しい時間帯だったのもあり・・・

 

 

私が一瞬どうしようかと困った顔を
したのを見た店員の一人が瞬時に
状況を把握して新しい物を持って
きてくれました。

 

 

 「すいません、ありがとうございます。」

 

 と受け取ると、
とてもやさしい笑顔で返してくれる
素敵な店員でした。

 

 

どうやら彼女が私たちのテーブルの
担当だったようで、出来上がった
料理を運んで並べてくれました。

 

 

「ありがとうございます。」
受け取りながら言う私を見て、
店員が去った後に義母が一言
「従業員なんかにペコペコ
しなくていいのに」
と馬鹿にしたように言ってきました。

 

 

え?何言ってるの、
この人?というのが私の表情から
見て取れたのと・・・

 

 

外だというのもあったのか
義父がやってもらってるから
お礼を言ってるだけ。

 

 

と私を擁護したのには
ちょっと驚きました。

 

珍しく人目を気にしての
発言だったのかなと思いますが、
普段は人を馬鹿にしかしないのに
何を言ってるんだろうとしか
思えませんでした。

 

 

そのくせ、
自分たちは人格者で人徳もあり
善良で模範的な人間だ、
と義両親は本気で思っている
ところが大嫌いです。