親の面倒を見ない兄弟

義両親との二世帯同居で後悔・・・

義両親 同居,親の面倒を見ない兄弟,熟年離婚 親の面倒,親の面倒 誰が見る,

 

 

元々他人である義両親との同居は
なかなか難しいものがありますよね?

 

 

そこで、
今回は義両親との二世帯同居で
つらい経験をされた女性の体験談を
ご紹介します。

 

 

結婚前から決まっていた二世帯同居

 

 

今更後悔しても、
何も始まらないと自分に
言い聞かせていますが・・・

 

 

主人とは結婚前に一年程おつきあいし、
その間に何度も義理の両親とは顔を
合わせていました。

 

 

いつもニコニコしている、
ちょっと天然な義母と、
結婚前からちょっと苦手だった義父。

 

 

特に直接的な害があったわけではなく、
元々私が結構年の離れた年上の男性が
ちょっと苦手だからだと思っていました。

 

 

結婚前から主人が張り切って
二世帯住宅の打ち合わせを
建築家の方と行っていました。

 

 

私はそんなにこだわりがない方なので、
内装などほぼ主人にお任せてしていました。

 

 

ただ居住スペースは完全に別で、
特にお風呂とキッチンとトイレだけは
別々にして欲しいことが条件でした。

 

 

そう、この時に玄関も
別々にして欲しいと何故
言切らなかったのか.・・・

 

今でも悔やまれます。

 

 

義父の非常識な行動!!

 

私は結婚後もフルタイムで
勤めに出ていました。

 

 

主人は三交代の仕事で、
その日は夜勤でした。

 

 

私は、会社帰りにスーパーで
買い物をして帰宅し、台所に向かっていました。

 

 

すると、朝閉めて行ったはずの
寝室のドアが少し空いていました。

 

 

おかしい?!まさかどろぼう?と思い、
静かに開けると、誰もいませんでした。

 

 

なんだ、
私が勘違いしたんだなと・・・

 

 

台所に行って夕食の支度をしていると、
いきなり背後から義父が話しかけてきました!!

 

 

階段を登る音も聞こえなかったので、
ものすごく驚いて、
「ビックリしたーー!どうしたんですか?!」
と尋ねると、
「いや?一服しながら外を眺めていたんだよ」
とのこと。

 

 

え?一服!?外??
と疑問が頭の中に渦巻く中
さり気なく尋ねると・・・

 

 

私たちの寝室にあるバルコニーで
タバコを吸って外を眺めていたと。

 

 

勝手に私たちのプライベートな
フロアに入って来るのも嫌なのに・・・

 

 

寝室に入ってきて、しかも私が喘息なのに
タバコの吸い殻と灰をバルコニーに落としていたんです。

 

 

怒りと気持ち悪さとで一杯になった矢先に、
リビングに部屋干ししていたはずの洗濯物が・・・

 

 

「暗くなってきたから取り込んで置いた」
と義父に誇らしげに告げられました。

 

 

義両親との意識の違い

 

 

私の下着ももちろんありましたので、
本当に気持ち悪い無神経なエロジジイにしか
見えてこず・・・

 

 

主人に抗議したところ、
義父と喧嘩に発展。。。

 

 

義父は
自宅内を自由に出入りしてどこが悪い!!

 

 

義母も洗濯ものに関しては、
嫁なのに帰りが遅いあんたが悪い!

 

 

善意でお父さんがやってあげたのに、
それに感謝しない私の方がおかしいと.・・・

 

 

プライバシーを侵害されて
不法侵入されたことに関して怒るのって、
おかしいですかね?

 

 

結局、
義両親との考え方の違いや
それを押し通そうとする姿勢に
主人がブチ切れてくれ・・・

 

 

今でははれて二世帯住宅を出て、
私たち夫婦は高額な借金を抱えてはいますが
別々に暮らしています。

 

 

良くスープが冷めない距離が
良いって言いますけど、
私は氷が溶けて蒸発する距離を希望します!

 

 

本音は会いたくないですが。

 

 

義両親の介護が必要になっても
再びの同居や下の世話なんてまっぴらごめんです。

 

 

絶対に高齢者施設に入ってもらいます。